読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカルトけんたろう

We are the occult

外交的なゴタゴタは戦争でも愛でもなくて金で解決しましょう

 gendai.ismedia.jp

こんな記事が出てくるように、なんか知らない間に日本は戦争する国になっている。

ミサイルとか戦争がバズワードみたいになってて気色悪い。

 

日本国憲法の三原則の一つに「平和主義」とあるのをすっかり忘れてしまったのだろうか。

 

日本が軍事力に対する解釈を有事(っぽい)タイミングで変えてきた変遷は下記の記事が非常に参考になる。

www.huffingtonpost.jp

 

今回の弾道ミサイル騒動の裏で共謀罪が可決されようとしているのも数年後に振り返ると、ああそういうことだったのか、と感慨に浸ることになるかもしれない。

 

そりゃあ、北朝鮮みたいなキチガイは何をしてくるかわからない。

 

それに今は、トランプみたいに好感度アップのためにミサイル連発するやつもいる。

 

のんきにアメリカが守ってくれると思ってる人もいるだろうがアメリカにメリットがなくなったら北朝鮮みたいなキチガイの相手をしてくれるはずがない。そもそもアメリカはアジアのことを未だに理解してない。中国も韓国も日本も北朝鮮も同じようなもんと認識していると思っておいたほうがいい。

 

歴史あるTIME誌ですら↓この体たらくである。

headlines.yahoo.co.jp

 

日本は敗戦国だけど、大日本帝国の時と違って金は持ってる。今頃働き方改革とか言い出す程度に働くのも好きだ。

 

そして幸いなことに、トランプはビジネスマンだから金で動いてくれる。

国と国との関係に情なんてないが、金はそういう時の円滑油として発明されたはずだ。

 

アメリカ本土に嫌というほど工場建てて経済支援して、その見返りにサイバー攻撃でもなんでもやってもらって北朝鮮の指揮系統停止させて何が何でも軍事力を凍結させるべきだろう。

 

ミサイル飛んできたらどうだとか戦争になったらどうしようとか、考えてもしょうがない。戦争になったら一般市民にできることなんてない。撃たせた時点で終わり。

 

頭と体使って働いて国を潤わして、世界の警察たるアメリカでもなんでもいいからゴマすって金払って平和を維持するのが現実的な選択肢ではないだろうか。それなら一般市民にだってやれることはある。

 

「愛と平和と叫ぶしかない」なんてことはない。金は稼げるはずだ。

 

若者はデモ行く暇があったら働いて稼いで税金収めろ。

 

在日米軍の費用ぐらい払ってやればいい。なんかあったら我々のために命かけるのは彼らだ。

 

戦争しないためなら、いくらでも血税払うよ。あべちん。

 

ホーリーライト)